SMOというのは何の略語でどのようなことを言うのか

SMOとは英語でSocialMediaOptimizationの略で日本語では「ソーシャルメディア最適化」と訳されています。

人々は益々多くの時間をサイトでの情報発信に費やしておりサイトの評判や存在感がアクセス動向に大きな影響を及ぼすようになっています。

これからはiPhone7の機種変更情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

消費者が書き込む電子掲示板口コミ掲示板ブログSNSソーシャルブックマークなど消費者が主体となって内容を書き込むサイトであるソーシャルメディアで自社のウェブサイトに掲載した商品や話題を取り上げてもらいネット上で口コミを広げる手法がSMOです。

商品サービスを購入する前にまずインターネット上の検索エンジンで販売サイトの情報を探すという消費者が増えています。

そこで検索エンジンで少しでも上の位置に商品や販売サイトが表示されるように工夫する手法としてSEOが脚光を浴びてきましたがSEOなどの従来型の対策と合わせてSMOを意識することが重要になっています。

そこで自社の商品やサービスをブログや口コミ掲示板でも話題にしてもらい認知度や評判を高める必要があります。

サイトへのアクセスや評価を高めるという背景からSMOという概念が注目されるようになりました。

自社のサイトの更新情報を簡単にまとめRSSファイルとして掲載しておき露出度を上げることとかウェブを読んだ人が口コミ情報を投稿するまでの時間を省けるようにページ内にソーシャルメディへのリンクボタンを作っておくことなどもSMOの手法として考えられます。



SMO実現のために守るべきルールとして「リンクしやすくする」「ブックマークやタグ付けをしやすくする」「リンクに対して褒賞を与える(リンク元リストやトラックバックリストを表示する)」「コンテンツをウェブの外に持ち出しやすくする(音声やPDFなども置いておく)」「マッシュアップ(コンテンツを外部のサービスと組み合わせること)を奨励する」の5つが提案されています。

ジョルダンニュース!情報をお届けします。